ホーム 太陽光発電 無線 パソコン通信 ファミコン
迷路 PC−1245 MSX PC−9800 PDA


JP3TLC's homepage
PC-9800



← 「PC−9800」メニュー

PC−9801RX

 CPUが80286、メモリが640KBのデスクトップパソコンです。手持ちの外付け5インチFDDが故障したのでヤフオクで代わりのドライブを探したのですが、3.5インチのドライブしか見つからず、仕方なく5インチドライブ内蔵の本体を買ったもの。6800円でした。プラス送料がかかってます。V30機に較べたら高速なのでしょうが、DOS6では大変動作が重いです。Cバス用拡張メモリボードは使用せず、640KBのみで使用するのが得策と判断いたしました。その後いろいろ実験してみたところ、同じ640KBのみの使用でも、DOS6よりDOS3の方がかなり高速ということが分かり、DOS3で使用することに決定。DOS3であれば、スピードが遅いのはそれほど気にならないようです。
 本体に音源が内蔵されていないので86音源を使うことにしました。その後、86音源はBX2に取られてしまったので、今はWaveMasterを使っています。対応機種がCPUに486を使っている機種になってますが、つないでみたら音源・HDDとも問題なく動きました。それと、LANボードを装着してTELNETでパソコン通信ができるようにしました。残念ながら、この機械では(あるいはDOS3では)KTXとT3EXの組み合わせでは、動作しませんでした(「INT HALT」が出てフリーズ)。そこで、ESENETを使用してみました。なお、リンク先にはTELNETそのものもありますが、全角文字がすべて白い四角で表示され、オンライン中は全く読むことができません(ただし、後でログを開くと問題なく読める)。TELNETよりESENETの方がマシと判断。(^^; でも、ESENETESENETで問題があり、ログを取ろうとしてログ記録を選択した瞬間にフリーズ。でも、これは画面表示した文字をログに取り込むツール「CONLOG」(←ベクターにあり)でESENETの実行中のログを取り込めば解決できる。ただ、残念なことに、このログのファイル名がCONSOLE(拡張子なし)に固定されていて変えられません。これでは記録として残していくには使いにくいので、ファイル名を日付+連番に変更するツールを作りました。ネットごとにディレクトリを掘り、ESENETとCONLOGと前記ツールを入れて、下記のようなバッチファイルを作成すれば、快適にパソ通できると思います。ディレクトリごとにその中に入れるバッチファイルでESENETの接続先を設定すればよいですね。 (下記バッチファイル例は左右にスクロール可:スマホの方)

CD A:\ESENET
CNET98P
TEENE
CONLOG /B16
ESENET jp3tlc.no-ip.biz
CONLOG /W
CONLOG /R
TEENE /R
CNET98P /R
ESENTLOG.EXE
CD A:\

※CNET98Pはパケットドライバです。お使いのLANボートに付属のドライバに差し替えてください。
← 「PC−9800」メニュー
このホームページの内容についてのご意見ご感想は jp3tlc@jarl.com までお願いします。

ホーム 太陽光発電 無線 パソコン通信 ファミコン
迷路 PC−1245 MSX PC−9800 PDA