売店 太陽光発電 無線 パソコン通信 ファミコン
迷路 PC−1245 MSX PC−9800 PDA


JP3TLC's homepage
PC−1245



← 「PC−1245」メニュー

液晶画面を大事にしよう

 ポケコンを何年間も使っていると、液晶の端の方から 少しずつ黒ずんできます。 主に冬の低温下でこの症状は発生しますが、 だんだんと季節を問わず黒ずむようになり、 液晶の中央へ向かって進行していきます。 そして最終的には使用に耐えなくなってしまいます。 このようになる原因ですが、液晶が膨張・収縮を繰り返すうちに、 液晶を封じ込めている容器の容積がわずかに大きくなり、 容器の内側の圧力が下がるのが原因ではないかと考えています。 と、言いますのも、分解して偏光板をはがし、 黒ずんでいる所を指で押さえると、 押さえている間だけ黒ずみが改善するからです。 なお、偏光板を通して見なければ黒ずみは見えません。 念のため。なお、偏光板を一度はがすと、 二度と元の密着状態に貼り付けられないので、真似しないでください。
 筆者の知る限り、この黒ずみを根本的に直す方法がありません。 白熱電灯の下に置いて暖める、などの方法を紹介しているサイトもありますが、 温度が下がれば元通り黒ずみますので、 何の解決にもならない上に、 液晶の劣化(容器の拡張)を早めてしまいます。 結局、劣化を食い止める最善の方法は、暑さ寒さを避けて、 20℃くらいの一定温度で保管するしかないのではないかと 思います。実行するのはなかなか難しいことですが、 安易に加熱するのだけは避けた方がよさそうです。
 最近、偏光板の取り換えで画面を復活させる方法が行われているようです。ポケコンで再度、試したらやっぱり駄目でしたが、他機種ならまた見えるようになるかもしれません!ぜひ試してみてください!(例) 1台でも多く実機が使い続けられることを願って・・・

進行を遅らせることはできても
止める事はできない
こうなってはおしまいの図
こうなってはおしまいの図
← 「PC−1245」メニュー
このホームページの内容についてのご意見ご感想は jp3tlc@jarl.com までお願いします。

売店 太陽光発電 無線 パソコン通信 ファミコン
迷路 PC−1245 MSX PC−9800 PDA