ホーム 太陽光発電 無線 パソコン通信 ファミコン
迷路 PC−1245 MSX PC−9800 PDA


JP3TLC's homepage
パソコン通信


← 「パソコン通信」メニュー

パソコン通信(パソ通)について

 インターネットが一般的になる前、ニフティサーブやPC−VANなどのネット会社のほか、個人が勝手に開設した草ネット(草の根ネット)が多数存在しました。内容は掲示板とメールが主ですが、XMODEMやYMODEMなどといったファイル転送プロトコルを用いてフリーウェアやMIDIのデータ等をやり取りすることも可能です。
 以前はネットに電話して接続する必要があり電話代が負担になりましたが、現在は、インターネットのTELNETというプロトコルを利用するパソコン通信が一般的です。インターネットでは常時接続が普通ですので、電話代のことを気にする必要もなくパソコン通信が楽しめる時代となりました。  TELNETが利用できる通信ソフトとして、DOSであればKTXにTELNETのドライバを載せて使用するか、WindowsならTeraTermがあります。下の写真はKTXを使ってWHITEWINGさんに接続している所です。(ブラウン管のモニタなので画面がふくらんでいる)
 電話回線(モデム)で通信する場合の通信ソフトは、フリーウェアのWTERMとKTXが有名ですが、 ベクターではKTXしか見つかりませんでした。 ただ、2400ボーのモデムの頃はWTERMで問題なかったのですが、ある程度のスピードになると文字化けしまくりで使い物になりませんでしたので、KTXで問題ないと思います。

KTXでパソコン通信。こちらは実用性十分
2018.7.8現在まだ接続できました
← 「パソコン通信」メニュー

このホームページの内容についてのご意見ご感想は jp3tlc@jarl.com までお願いします。

ホーム 太陽光発電 無線 パソコン通信 ファミコン
迷路 PC−1245 MSX PC−9800 PDA