ホーム 太陽光発電 無線 パソコン通信 ファミコン
迷路 PC−1245 MSX PC−9800 PDA


JP3TLC's homepage
PC-9800



← 「PC−9800」メニュー

PC−9801のディスプレイ

 古いPC−9801をそのままAT互換機用のディスプレイに接続しても映りません (BXとか新しめの98はGRPH+1かGRPH+2を押しながらリセットでモードを切替えて映すことが可能)。これを、クリスタルオシレータ(水晶発振器)の交換により、映るようにする改造記事を見つけましたので、 ヤフオクでクリスタルオシレータを購入して試してみました。
画面が崩れています
(初期状態21.0526MHz)

 改造記事によれば、購入すべきクリスタルオシレータは26.7079MHzであるようですが、残念ながら、ほとんどが20MHz、25MHz、30MHzなど、キリのよいものしか出品されていません。なお、改造記事ではハンダ吸い取り「機」を使ってもとのクリスタルオシレータを外していますが、滅多に使わないのにそんな高価な機材は買えないので(ちなみに昔、自宅の近くに無線ショップがあったときは、ハンダ吸い取り「線」でどうしても取れない部品があったらそこへ持って行って外してもらってました。(^^; でも今はもうその無線ショップはない)、もとのクリスタルオシレータをペンチでつかんで力ずくで外しました。その結果、クリスタルオシレータの本体は取れましたが足だけがクリスタルオシレータから抜けて基盤に残ったので、それをランド代わりに使って新しいクリスタルオシレータを半田付けしました(おいおい)。幸いクリスタルオシレータがあった部分の基盤はベタアースになっており、そんなに混み合っていなかったのでハンダ付けは比較的容易でした。PC−9801RXの場合は、FDDの下に、もとの21.0526MHzのクリスタルオシレータと14.31818MHzのクリスタルオシレータが隣りあって配置してありました。このうち、21.0526MHzのクリスタルオシレータを交換します。

@25.0000MHzの場合
 この周波数のオシレータはヤフオクで常に出品されているようで、入手は容易です。 これで映るモニタもありますが、どのように調整しても映らないモニタがあります。
A26.1120MHzの場合
 たまたまヤフオクに出品されているのを発見してゲットできました。このオシレータであれば恐らくモニタを選びません。しかし、PC−9801RXで使用した場合は、恐らくマシンの限界を超えていて、夏場はよいのですが気温が下がると画面が映らなくなることがよくあります。一応リセットキーで直りますが、冬になると何度も押さないと画面が映りませんでした。
多分モニタを選びません
(26.1120MHz・液晶モニタ)

 液晶モニタで設定ボタンを押すと、何KHz出ているか表示されるようです。これによると、30.8KHzだそうです。ここで疑問が。そもそも購入すべきクリスタルオシレータの周波数26.7079MHzは正しいのか?? 【検算】26.1120 : 30.8 = χ : 31.5   χ=26.70545というわけで、有効桁数を考慮すればこれで正しいことが確かめられました。ヤフオクで入手できそうもないので、業者に特注した場合の見積もりを取ってみましたが、5つくらい依頼した場合でも1個2000円〜3000円するようです。

31.5KHzからずれているが問題なく映る

← 「PC−9800」メニュー
このホームページの内容についてのご意見ご感想は jp3tlc@jarl.com までお願いします。

ホーム 太陽光発電 無線 パソコン通信 ファミコン
迷路 PC−1245 MSX PC−9800 PDA