ホーム 太陽光発電 無線 パソコン通信 ファミコン
迷路 PC−1245 MSX PC−9800 PDA


JP3TLC's homepage
MSX



← 「MSX」メニュー

A1GTのFDドライブ修理

A1GTドライブ
 MSXユーザの皆様、 FDDのベルトはご無事でしょうか? 私のは関係ないと思っていたのですが、 いつのまにかFDが読めなくなっていました。 この故障は意外と簡単に修理できますので、 自己責任(お約束ですね)になりますが、 ぜひトライしてみてください。 一度交換すれば10年程度使えます。 今回、2回目の交換をしました。(平成24年11月)
@大手量販店でベルトを注文(輪ゴムは余計に滑ってダメ)
 品番:DFWV75C0009
 品名:FDDベルト
 サービスセンターに聞いてみたところ、「単価は低いが、 大手量販店なら問題なく取り寄せできる」とのことでした。 そこで今回は、上新電機で注文してみました。 1週間程度で届きました。10年前と値段は変わらず。 税別一本200円(平成24年11月現在)。
AMSXを開ける
 裏についているネジをすべてはずしたら、 キーボードを上にして、しつこく揺すれば 外れます。ハメ殺しにはなっていません。 本体とカバーの間に線が2束あるので、 パカっとはずす前に本体側コネクタ2個を抜く。 分解とは関係ない話ですが、 LEDのインジケータの基盤を無理やり曲げて取り付けてあるのが見え、 正直、いいかげんな造りにちょっとがっかりしてしまう。
Bドライブを取り出してベルト交換
 ネジをはずす時は元の状態を確認しつつ行う。 写真の所までばらしたら、ベルトを交換します。 新しいベルトはとても弾力があり、 いくらでも伸びますが、交換時は、 不必要に伸ばさないほうがいいような気がします。 尚、白い部品のネジも外さないとベルトが外せません。 白い部品にはピンのようなとげがあり、 小さい基盤(ゴムを掛ける黒い円盤に穴が開いており、 その穴の数を数えるセンサと思われる)の 穴に挿すようになっています。白い部品を元に戻すときは、 ちゃんと元の通りに組み立てるようにお気をつけくださいませ。 ベルト交換後、元通り組み立て直せばおしまい。 A1WX以降は同じ修理方法で直るようですね。(^_^)

← 「MSX」メニュー
このホームページの内容についてのご意見ご感想は jp3tlc@jarl.com までお願いします。

ホーム 太陽光発電 無線 パソコン通信 ファミコン
迷路 PC−1245 MSX PC−9800 PDA