ホーム 太陽光発電 無線 パソコン通信 ファミコン
迷路 PC−1245 MSX PC−9800 PDA


JP3TLC's homepage
PDA



← 「PDA」メニュー

リブレットのFDD

リブレットFDD
 (純正の)FDDを使うときは通常、ドライバは不要のはず(でなければFDDから起動できないことになる)なのですが、リブレットの場合はどうもそういうわけではないようです。オークションで買った後、クリーンインストールする前に、起動FDを作るだけでなく、FDDのドライバの抽出もしておかなければならなかったのです。うぅ、そんなこと思いもよりませんでした。でも、考えてみればリブレットの(純正)FDDはPCカード接続で、普通の接続方法でなく、当然かも知れません。どこかにドライバがないかとFDD製造元のY−Eデータ(東芝製ではない(汗))のサイト(もう消されているようです)を見ると、リブレットを名指しして、サイトからダウンロードできる(た)ドライバではなく、HDD内のドライバか、バックアップCD−ROMのドライバを使うよう書いてあります。お手上げ。結局、純正(サードパーティのリブレット用を含む)かどうかの違いはドライバなしでFDDから起動できるかどうかの違いということのようです。Win上でY−Eデータの件のドライバを無理やり使用すると通常FDDは「A」ドライブになる所、「D」ドライブになってしまいます。しかし、このドライバを適用しなければWindowsでFDDが使えないようです。

ケンもホロロです・・・でも、このドライバを使わせていただくしかない
← 「PDA」メニュー
このホームページの内容についてのご意見ご感想は jp3tlc@jarl.com までお願いします。

ホーム 太陽光発電 無線 パソコン通信 ファミコン
迷路 PC−1245 MSX PC−9800 PDA